歯の豆知識

2016年4月15日

むし歯はキレイに治すがポイント

みに耐えきれず、歯医者に駆け込んだ経験はありませんか?


数ある痛みの中で、むし歯の痛さは耐え難いと感じる人が多いようです。一方で痛い、怖いなど歯科治療を苦手とする方は少なくありません。そのためか、我慢したけれどやっぱり耐えられないということで、歯科医院に急患として来る方もいます。


むし歯で痛みが出ている場合、痛みを抑えることが急務となります。痛みが出ている場合は、その原因を削り取ることがその対処法になるでしょう。むし歯の進行具合によっては、神経を取ったり、抜歯が必要になったりすることがあります。


お口の審美(きれいさ)の点から注目したいのはここからです。むし歯の応急的な治療が終わったら、治療は機能面での回復に移っていきます。


まずは、かぶせ物や詰め物の素材を選ぶことになるでしょう。この素材選びが、お口の審美性に大きく影響します。


現在、歯科治療で使われている素材の種類はいくつもあります。素材は、価格や耐久性、審美性などさまざまな視点から選ぶことができます。健康保険の対象となるものとならないものがあります。


素材選びは、むし歯の辛い痛みが治まり、ふと費用が気になってくる頃だと思います。そこで、価格が高いものを選べばキレイで耐久性のある素材を選べるけれど、低価格の物でも十分ではないかと感じるかもしれません。


でも、ちょっと待ってください。


歯科医院では、過去の治療跡が審美性を損なっているという相談を受けることがあります。銀歯が目立って嫌だ、かぶせ物が変色してきた...といったケースですね。もちろん相談に応じることはできますが、審美治療の通院の手間やコスト負担が生じてしまいます。


この負担は、もう少し審美性に着目して素材を選んでいただければ防げたものではないでしょうか。治療時の歯科医院の方針もあったかもしれません。何か、患者さまに事情があったのかもしれません。しかし、通院やコストの二重負担を避けるためには、むし歯治療での素材選びをもう少し慎重にしたいところです。


かぶせ物などの素材で気になる点があった場合、遠慮なく相談してください。

カテゴリ:

    削らないむし歯治療

    ドックベスト

    削らない、痛くないむし歯治療があります。通院も原則1回なので、時間と費用の節約なる画期的な治療法です。

  • ドックベスト治療

    歯科厳選100院

    歯科厳選100院

    デンタルエステサロン

    患者様の感想

    多くの患者様から、嬉しいお声をいただいております。お読みになれば、より当院をご理解いただけます。

  • 患者様の声
  • 患者様の声 その2